HOME > 企業紹介 > 備北交通株式会社

備北交通株式会社

「地域交通の中心となれ」

旅客運送業

バスによる旅客輸送

http://bihoku.co.jp/

CAMPANY DATA

設立 昭和21年11月(創業 大正12年)
資本金 4,500万円
代表者 代表取締役社長 山根 英徳
社員数 100名
所在地 〒727-0011 広島県庄原市東本町3丁目11番16号
TEL 0824-72-2122㈹
うちのいきいき社員
松澤 勝之

 入社して14年目になります。入社当時から明るく、元気なキャラで、中堅になった今もそれは変わりません。
 これはあくまでも噂ですが、彼にはバス運転中に奥様に見初められたというエピソ-ド゙が…。華麗なハンドルさばきや、流れるように丁寧なアナウンスに奥様がハ-トをわしずかみにされたとか。ともかく、バスが取り持つ縁でゴ-ルインされたようです。今は子供さんも二人になり、順風満帆な日々を送られています。これからも、安全運転で幸せな笑顔を皆様に送り届けます。

代表挨拶

““進化”“共存”“前進””

代表取締役社長

山根 英徳

 備北交通は広島県北部の庄原市、三次市を中心とした中山間地域を基盤とするバス会社です。「地域から愛され親しまれる会社」を目指して運営しております。
 当社の歴史は古く、大正12年に「右近自動車」から始まり、昭和21年備北交通(株)として創立、昭和38年に広島電鉄グル-プ傘下となり、今日に至るまで、庄原市に本社を置き頑張っています。
 全国的にも、中山間地域を拠点として運営を存続し続けている会社は珍しいと云われております。
 しかしながら、まさにこの事が当社の強みでもあります。町の活性化はあらゆる移動から始まり、人や物が移動してこそ経済が循環し成り立っていると思うからです。
 それ故に、バス会社の当社が儲かれば町の活性化に繋がり、町が活性化すれば当社が儲かるというように“メビウスの輪”のような関係性が保たれていくと考えています。
 現在は、少子高齢化による人口減少が進んでいますが、今後は外国人観光客を含む観光交流事業の増強対策を、地域の方々と共に考え取り組んで、世界から注目を浴びる地域とするべく、努力を惜しまない覚悟でおります。
これからも、備北交通は“進化”“共存”“前進”を合言葉に歩み続けてまいります。

我が社のココが自慢!
経営理念/法令遵守 飲酒運転の根絶 地域密着
社是/有言実行 親和一致 無事故完遂
われらの誓/私たちは自分の発言に責任をもち 社業の積極的な向上をはかり お互いにゆずりあいの気持ちをもって 無事故の明るい職場をつくろう
以上のことを念頭に置き、名実ともに「信頼のブル-ライン」で庄原から各地へ走行中です。また、カ-プラッピングバスは沿線で注目を浴びています。
お問い合わせ先
〒727-0011 広島県庄原市東本町3丁目11番16号

0824-72-2122㈹

所在地
〒727-0011 広島県庄原市東本町3丁目11番16号
TEL:0824-72-2122㈹ ・FAX:0824-72-6673
支店・営業所等
庄原営業所
〒727-0011 広島県庄原市東本町3丁目13番14号
TEL:0824-72-2122/FAX:0824-72-4953
三次営業所
〒728-0023 広島県三次市東酒屋町306番34
TEL:0824-63-1777/FAX:0824-62-1435
たび館三次
〒728-0013 広島県三次市十日市東1丁目5番10号
TEL:0824-62-3372/FAX:0824-63-5430
三次交通観光センター
〒728-0014 広島県三次市十日市南1丁目2番23号
TEL:0824-62-3154/FAX:0824-62-1444